2005年12月12日

大阪ミーティング

 日曜日に新設部門鳥人間コンテストタイムアタック部門に興味のあるチームが集まり、説明会and話し合いがありました。T-MITはタイムアタック部門がどんなものか知るために参加させていただきました。

 深夜バスバスでの往復のため、腰が痛くてしかたありませんが、なんとか行ってきました。朝6時に大阪に着いてもどこもお店が開いてなく、時間を潰すことが、できないので近くを散歩してました。気づいたら2時間半近くも歩いてました。朝ごはんは朝マック。大阪に来てなんでマックなんだろ?と思いつつ、地図を買って周辺をチェック。関西だとマックではなく、マクドというみたい。だいぶ関東と違いました。エスカレーターはみんな右側に並んでたり、JRはスイカではなくイコカだったりなんか戸惑いました。
 会議は2時からだったので、とりあえず大阪城を見学して散歩してから読売テレビに向かうことにしました。大阪城の天守閣はやっぱすごいexclamation×2でもどこも修理していたり、壁もやけにきれいに塗りなおしてありました。正直、エレベータがあるのはどうかと・・・たらーっ(汗) 太閤かぶとをかぶったおじいさんもいました。ほかに観光客は、中国人や韓国人ばっかでした。中国語は授業でやっていたのですが、さっぱりあせあせ(飛び散る汗) 一通り、回ったのですが、あと3時間以上あったので、通天閣を見に行きました。さすがに大きかったです。でも、どうやら上るのにお金がかかるみたいなので、断念しました。どこもかしこも、串かつ屋しかなかったので、串やというところで食べました。すごくおいしかった。
 時間を潰せたので、読売テレビに行きました。正門は閉まっていて、なぜか地下から入りました。参加していたチームは「帝京大学」「名古屋大学」「つくば鳥人間の会(OBチーム)」「東京理科大学」「崇城大学」「広島大学」「大阪府立大学」「エアロセプシー」とT-MITの9チームでした。会議の内容は来年の鳥コンについての説明とタイムアタックについて説明、セプしーの鈴木さんと審判長の佐々木さんからのお話をしていただきました。後半はタイムアタック部門のルールはこうした方がいいのではないかという話し合いでした。ちょっと早めに情報が手に入ったり、他大のかたと仲良くなれたので収穫としては最高でした。
 
 ミーティングの後、つくばさんと、名大さんと一緒に府立大さんの見学に行かせていただきました。帰りのバスの時間もあるので、あまりゆっくりできず、しかも突然押しかけてしまい申し訳なかったです。大分時間が遅かったため、暗かったのが残念です。旋回に関してのことや、技術的なことなど色々なこと聞け大変参考になりました。ありがとうございました。

 微妙に時間があったのでつくばさんと難波にたこ焼きを食べに行きました。有名な大だこ屋というところに行きました。すごい行列でしたが、並んで無事に買えました。3人で道頓堀に向かって食べるたこ焼きはサイコーでした。カニ道楽やくいだおれ人形を見てバスへ。バス乗り場が分からず、迷って走ってなんとか時間に間に合って乗車。いっぱいいっぱいでしたが、充実した日でした。なんか会議より、観光がメインになっているような・・・先輩がたお土産を買ってきました。これを見ましたらどうぞ。


 〜おまけ〜
鳥人間のソフトの紹介
@ 鳥シュミ
 鳥とは関係のない友人に教えてもらったのですが、鳥コンの滑空部門専用のシュミレーターを見つけました。アドレスはここ 。どうやら法政大のOBの方が作っているらしいです。実際は分かりませんが・・・・滑空専用なので、人力のほうも対応してほしいですね。
A 単独鳥人間コンテスト
 これはauの公式サイトで発見!Flashのソフトみたいですが、走って助走して、ハングライダーみたいなので、飛び出します。気合ゲージみたいなのをためる、簡単なゲームです。遊んでいたら、500000mを軽くオーバー。日本記録達成? これには日大さんもビックリですね。auの方は遊んで見てください。タダなんでいいかと

ニックネーム 鳥部長10代目 at 22:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント